宗像市クリエーティブホームの規格住宅

  • HOME  > 
  • 宗像市クリエーティブホームの規格住宅
 

クリエーティブホームの規格住宅

クリエーティブホームの規格住宅
 
クリエーティブホームの規格住宅とは
規格住宅はゼロから間取りや建材や設備を決めていく注文住宅ではなく、間取りのベース・建材のベース・設備のベースなどをそれぞれ決めており、お客様のご要望に応じて間取り・建材・設備を変更しながら建築する方法です。
 
*外構やエクステリア工事、屋外給排水工事などは別途費用になります
 
*土地に対してのご提案の中には規格の建物と土地のセット販売のものも御座います
 
*ご提案のイメージ画像は基本仕様外の建材のものも含みます
 

構造体の基本仕様

構造体の基本仕様
 
木造軸組工法(剛工法)とベタ基礎
関連法規を遵守した建築物
関連法規を遵守した建築物
◎地盤保証として外部機関による調査及び検査をしっかりと受けることでJHSより10年間の保証書の発行
 
◎住宅瑕疵担保責任として外部機関による構造体の検査をしっかりと受けることで10年間の付保証明書の発行
 
◎建築時に防蟻処理を行い5年間の保証書の発行
 
◎すまい給付金として所得証明書の都道府県民税の所得割額に応じ最大30万
 
◎住宅ローン控除とし住宅取得の翌年の確定申告より10年間税額の控除(毎年最大40万)
 
◎要件を満たせば複数ある宗像市の補助金も受けられます
 
◎建築方法はベタ基礎と木造軸組(剛工法)の大壁工法が基本仕様となります
 
建築の流れ
基礎パッキンや剛床工法
基礎パッキン工法や剛床工法
◎基礎部分と土台の間に特殊なパッキンを挟むことにより床下全体を効率よく換気でき、土台と基礎部分が直接触れないため土台の腐食防止にもなります
 
◎土台と基礎はアンカーボルトで固定し、大引きの支えとして鋼製の床束を用います
 
◎床の断熱材としてポリスチレンフォームを大引きの間に敷き詰めます
 
◎フローリング材の下地として28mm厚の構造用合板を使用し、工事中はホームシック症候群の原因ともなる揮発性有害物質を吸収する特殊なボードを設置しておきます
 
ホールダウンや筋交い
ホールダウンや筋交い
◎ホールダウン金物で柱が震災時、抜けないようにしっかりと固定します
 
◎軸組工法では耐力壁として筋交いを配置しますが、配置にあたっては建築する建物の形状も考慮した上で全体のバランスも考慮し配置していきます
 
◎壁と屋根裏にはガラス繊維を綿状にした断熱材を使用します
 
◎壁紙の下地としてプラスターボードを打ち付けていきます
 

建物の外観の基本仕様

建物の外観の基本仕様
 
外観の基本仕様
サイディングやコロニアル
サイディングやコロニアル
◎玄関ドアはダブルキーのディンプルキーのものが基本仕様となります
 
◎玄関とポーチには300角タイルが基本仕様となります
 
◎外壁材はサイディングが基本仕様となります
 
◎屋根材はコロニアルが基本仕様となります
 
電動シャッターや格子に網戸
電動シャッターや格子に網戸
◎1F2F共に網戸は全ての開閉できる窓に付きます(平屋は1Fのみ)
 
◎1Fの腰窓と掃出し窓には全てシャッター雨戸が付きます(1ヵ所電動)
 
◎1Fジャロジー窓には基本仕様で格子が付きます
 
◎建物外部用コンセントが2ヶ所基本仕様で設置できます
 

設備や内装の基本仕様

設備や内装の基本仕様
 
太陽光発電システム
太陽光発電
太陽光発電システム
◎基本仕様では長州産業製の約3kw分が付きます(容量を増やす際は追加費用)
 
◎家庭用の太陽光発電システムは発電した電気を、まず建物内部で利用し、建物内部での電気使用量を超える余剰の発電電気が売電になります
 
◎オール電化であることに加えエコキュートとの相性が非常に良いものなので是非体感されて下さい
 
エコキュート
エコキュート
エコキュート
◎お湯を利用する際の給湯システムはヒートポンプ技術を利用した日立製のエコキュート460Lタンクが基本仕様になります
 
◎夜電気代の安いプランと併用し電気代の安い時間帯にお湯を作るという動作を取ることで電気代を最小限に抑えます
 
◎夜電気代の安いプランは日中の電気代が割高になりますが、太陽光発電システム設置も基本仕様となりますので夜間に比べ割高な日中の電気代を抑止しします(生活スタイルによっては売電)
 
◎年間を通しての電気代を是非体感されて下さい
 
クリナップのKT
クリナップのKT
クリナップのKT
◎基本仕様はクリナップ製のKT
 
◎オープンタイプのキッチン
 
◎天板は人工大理石、水栓に浄水器ビルドイン、IH3口コンロ、サイレントレール、食器洗洗浄機、包丁差などをオプションとして組んだ仕様のものになります
 
クリナップのカップボード
クリナップのカップボード
クリナップのカップボード
◎クリナップのカップボードが基本仕様となります
 
TOTOのオクターブ
TOTOのオクターブ
TOTOのオクターブ
◎洗面化粧台は750mm幅が基本仕様となります
 
◎上段ユニットは3面鏡タイプ+LED照明
 
◎下段ユニットは引出しタイプ
 
◎節水型のシャワーとストレートタイプ切替ができます
 
◎タオル掛けもセットで付きます
 
TOTOサザナ
TOTOサザナ
TOTOサザナ
◎1坪タイプが基本仕様です
 
◎浴室窓はジャロジータイプで網戸格子付きです
 
◎浴室ユニットの基本仕様でのオプションの組み合わせは画像を参照ください
 
TOTOウォシュレット
TOTOウォシュレット
TOTOウォシュレット
◎電子制御のTOTO製のウォシュレットが基本仕様になります
 
◎節水型になっており、フチがないことや便座のワンタッチリフトアップ機能によってお手入れもしやすい造りになっております
 
◎ペーパーホルダーとタオル掛けも基本仕様で付きます
 
床暖房システム
床暖房システム
床暖房システム
◎電気式の床暖房システムが基本仕様で付きます
 
◎主に冬場の早朝などにエアコンと短時間の併用で快適な朝を迎えます
 
その他の基本仕様(一部)
その他の基本仕様
その他の基本仕様(一部)
◎フローリング材には突板が基本仕様になります
 
◎洗面室とトイレの床材はクッションフロアーが基本仕様となります
 
◎壁紙天井は通常のクロス+3ヶ所(平屋は2ヵ所)アクセントクロスを選択頂けます
 
◎エコカラットは基本仕様で施工します
 
◎建具はウッドワン製の化粧タイプが基本仕様になります
 
◎腰窓と掃出し窓は基本仕様で遮熱断熱タイプの複合サッシのペアガラス+1Fシャッター雨戸(1ヶ所電動)+全て網戸付
 
◎小窓にも全て網戸が基本仕様で付きます+1Fルーバーには基本仕様にて格子が付きます
 
◎勝手口はペアガラス+網戸+格子のものが基本仕様です
 
◎ベランダはFRP仕上げが基本仕様になります
 

基本仕様からの変更や追加

基本仕様からの変更や追加
 
基本仕様の変更例
基本仕様の変更例
基本仕様の変更例
◎規格住宅の基本仕様からシステムキッチンとカップボードを変更
 
◎規格住宅でご提案の間取りから吹抜けに間取りの変更
 
◎ご要望があれば変更可能で御座います
 
追加のご要望(一例)
追加のご要望
追加のご要望(一例)
◎2Fにシャッター雨戸や格子を追加
 
◎庭に防草シート+砕石
 
◎庭に土間コンクリート施工
 
◎洗濯用の物干金具を設置
 
◎基本仕様でないことも追加できます
 
各ショールームを巡る
各ショールームを巡る
各ショールームを巡る
◎キッチンや洗面台にトイレに浴室など各メーカーは各地にショールームを展開しておりますので、ご希望があれば基本仕様からの変更もご相談ください
 
基本仕様と仕様の変更
基本仕様と仕様の変更
基本仕様と仕様の変更
◎画像のように日本中には様々な建材や施工方法が存在しております
 
◎その中よりクリエーティブホームの規格住宅という商品として、建物外部や内装や設備に至るまで利用する基本的な建材を決めています
 
◎基本仕様として屋根材はコロニアルですが、一例としてお客様のご要望として屋根材は絶対にガル合板がよろしければご相談ください
 
◎クリエーティブホームでは対応可能な限り規格住宅からの変更のご要望に対応させていただきます
 

規格住宅における補助金など

規格住宅における補助金など
 
すまい給付金(税8%時は最大30万円)
すまい給付金(税8%時は最大30万円) ( 361KB )
資料がダウンロードできない方はこちらのページよりご確認ください
 
住宅ローン減税(10年間で毎年最大40万)
住宅ローン減税 ( 353KB )
資料がダウンロードできない方はこちらのページよりご確認ください
 
宗像市の補助金(終期未定2018年3月現在)
宗像市の補助金 ( 200KB )
資料がダウンロードできない方はこちらのページよりご確認ください
 
太陽光発電の固定買取義務制度FIT(10年間の売電)
太陽光発電の固定買取義務制度 ( 896KB )
資料がダウンロードできない方はこちらのページよりご確認ください
qrcode.png
http://creative-home.jp/
モバイルサイトにアクセス!
有限会社クリエーティブホーム
〒811-4184
福岡県宗像市くりえいと2-4-32
TEL.0940-38-8010
FAX.0940-38-8012
不動産全般
新築戸建
売り土地
規格住宅
リフォーム
 
 
 
008557
<<有限会社クリエーティブホーム>> 〒811-4184 福岡県宗像市くりえいと2-4-32 TEL:0940-38-8010 FAX:0940-38-8012